FC2ブログ
心のあり方を問う -旅人と虎-
 規範を見失い、不祥事などで没落していく人々を見ていると、 栄枯盛衰は世の
常ながら、改めて人生のあり方について考えざるをえない。 一流大学を出て、大
企業に就職し、トップにまで上り詰めた優秀な方々が、 栄光の座から一転、奈落
の底に沈んでいく。 このような無常きわまりない人間の姿と人生の様相を、お釈
迦様は、次のような説話で的確に表現しておられる。
 木枯らしの訪れも間近い、晩秋の夕暮れ、旅人が家路を急いでいる。辺りがだ
んだん薄暗くなる中、道に何か白いものが点々と落ちている。 「なんだろう」とは
思うものの、寒さは増してくるし、家路を急がなければならないので、旅人はなお
も早足に歩いていく。すると、ますます白いものが増えてくる。立ち止まってよくよ
く見ると、それは真っ白い骨だ。それも人間の骨なのだ。
「どうして、こういうところに人骨がいっぱい落ちているか」 と訝りながら歩いてい
くと、向こうから、飢えて荒れ狂ったトラが、唸り声をあげて襲いかかってきた。
「さては、先ほどの人骨は、このトラに食われた旅人たちのものだったのか!」
 旅人は振り向きざま逃げ出す。逃げていくうちに、断崖絶壁に出てしまう。恐る
恐る下を見ると海が広がり、怒濤逆巻いている。しかし、後ろからは獰猛なトラが
迫ってきて、逃げ場がない。
 ふと見ると、断崖の端に松の木が立っている。 旅人はその木によじ登るが、ト
ラは木に登ることを苦にしない。松の木に爪をかけて、今にも上がってきそうだ。
「もうダメだ」
 旅人がそう思ったとき、松の枝から一本の藤蔓が下がっていることに気がつい
た。 旅人は、すぐにその藤蔓につかまった。トラは松の木の半ばまで上ってきた
が、旅人を襲うことはできない。しかし、空腹なものだから、立ち去ることがことが
できず、旅人を睨んでいる。
「とりあえずは命拾いをした。 やれやれ」
と旅人が思うまもなく、上のほうでカリカリ、カリカリと音がする。見ると、白いネズ
ミと黒いネズミが交互に、藤蔓の根っこをかじっているではないか。
「たいへんだ。藤蔓がネズミにかみ切られてしまう」
  今までトラに襲われる心配ばかりしていたけれども、今度はネズミに 「頼みの
綱」 をかみちぎられてしまいそうだ。 下を見ると、 海は波頭砕け散り、 さらには
荒れ狂った赤、青、黒と三匹の龍が、旅人の落ちてくるのを、今か今かと口を開
いて待ちかまえている。
  旅人は藤蔓を揺すり、 ネズミを追い払おうとする。 すると何かが落ちてきて、
旅人の口に入った。
「甘い」
  これは、蜂蜜ではないか。よくよく上を見ると、大きな蜂の巣が藤蔓の上にか
かっていた。藤蔓を揺らすと蜂の巣が揺すられて、蜂蜜が落ちてくるのだ。この
ことに気がついた旅人は、「これはシメシメ」とばかり、藤蔓を揺すれば切れてし
まうにもかかわらず、甘い蜂蜜ほしさに、藤蔓を大きく揺らす。そうして旅人は、
蔓を揺すっては落ちてくる蜂蜜をいつまでもなめつづけている。
この説話は、『仏説比喩経』というお経が出典ということだが、ここでお釈迦様
は、比喩をもって、この「旅人」こそが、我々人間なのだと説いておられる。
「晩秋の夕暮れ」 とは、 一人で生まれ、 一人で死んでいくしかない。厳しく寂し
い我々の人生を表している。 人生には病や死がつきまとう。 その人間に襲いく
る病魔や死が「トラ」であり、断崖絶壁に生える「松の木」が、財産、地位、名誉
を意味している。
 財産、地位、名誉にすがったら救われるものと考えて、一生懸命に生きてきて
も、必ず「トラ」、つまり病や死は迫ってくる。だから、財産、地位、名誉も、なんの
足しにもならない。結局、人間は、頼りなさそうな藤蔓に、自分の身を託さなけれ
ばならないのである。
 一縷の望みである藤蔓を交互にかじる 「白と黒のネズミ」 とは、 昼と夜のこと
を意味している。昼と夜が交互にきて、容赦なく時間が過ぎていく。つまり、一日
一日死に近づいていくのが人生である。 死ぬのが怖くて病から逃げ、 どんなに
生き延びようとしても、人間は必ず歳をとり、やがて死を迎える。
 ところが、 愚かなことに、それがわかっていても、人間は甘く美味しい 「蜂蜜」
をむさぼり、 目前に死が迫っていることさえ忘れてしまう。 無常きわまりない生
に直面しても、刹那的な快楽におぼれてしまう、それが我々人間なのだ。
 さて、説話の中にある、荒海にのたうっている、赤青黒の三匹の龍とは、人間
の心がつくり出した現象である。赤い龍は怒りを表し、青い龍は欲望を表し、黒
い龍は愚痴を表す。 つまり、仏教で言うところの三毒である。 このような心が、
恐ろしい現象世界をもたらし、 現世でも、さらに来世までも苦難に満ちた人生を
歩ませ、はかない人生をさらに台無しにしてしまうのだ。
  人は、この世に一人で生まれて、一人で死んでいく。 もともと人生とは、無常
なものでしかないのである。 しかし、そのはかない人生を、自分の心の反映で、
さらにおとしめることはない。 みずからつくり出した怒りや欲望、 妬み、 恨み、
愚痴などに脅かされることなく、 自分の心を高めることができれば、恐ろしい三
匹の龍などは消えてしまう。眼下にあるのは、本当は穏やかで、たおやかな海
だということがわかってくるはずなのである。そうすれば、何をも恐れることなく、
自分の人生を全うすることができる。 そうお釈迦様は、教えてくださっているの
である。


スポンサーサイト



2020.11.02 Mon l 最近読んだ本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

今日はやってしまいました

寝坊のため、駅前掃除に行けませんでした(つД`)ノ

まだまだ修行の足りないワタシ。トホホ・・・・・(泣)

今朝、『もしも悩みがなかったら』という本を読みました。

半分以上イラストなので、秒速で読めます(笑)。

絵は鉄拳さんです。

悩みは人を成長させてくれるもの。

悩みがある人っていうのは、かなえたい夢を持っている人

心にしみる言葉たちです。

今、うちには本が溢れておりますから、読んだ本はどなたか大切な人に差し上げようと思っています。

そうしたら読むごとに蔵書も減ってゆくかな?

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

ボンジュールリサイタルblog用

2020.09.27 Sun l 最近読んだ本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

今朝は4時からすごい土砂降りだったため、駅前掃除はあきらめました。この雨で葉っぱもたくさん落ちているかもしれません。お掃除のために晴れてくれたらいいな。

さて、一昨日くらいにやっと読書の時間がとれまして、維新の悪人たち(船瀬俊介・共栄書房)という本を今朝読み終えました。

読み始めてから読了まで3日間ワタシはやっぱり読書スピードが遅いのかもしれませんね。

特にワタシは『歴女(レキジョ)』というわけではありませんが、この歳になってやっと歴史に興味が持てるようになりました。

ちなみに私の好きな歴史上の人物は小栗上野介さまです幕末の悲劇の知的幕臣とでも言いましょうか?とにかく私にとってはとても魅力的な人です。

今のこの時代、こうして最先端の技術を駆使した21世紀を迎えられたのは、この方のおかげと言ってもいいかもしれません。

・・・・その一方、いやいやいや。やはりこの現在を作りあげたのは薩長土肥の志士たち、西郷隆盛や坂本龍馬の活躍あってこそでしょう、とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

そこら辺は私はまだまだ勉強不足です。

いつか薩長土肥の人物に惹かれる時が私にも訪れるでしょうか?

まあ、それはそれとして。実はこの『明治維新の悪人たち』には、ちょっとここで書けないような血なまぐさい内容が満載だったのでした。

今も昔もならず者は存在します。

そのようなならず者に出会った若い女子は随分ひどい目に遭わされていたんだな、ということが書かれていました。

そうです。

こんな、パソコン前にblogなど書けてる我が身の今を思えば、どれだけの人々がご自分の人生を犠牲にして命果てていったのだろうか?と、溜息をつかずにはおれません。

まだまだ私には『感謝』が足りないな、と改めて思わされた一冊でした。

ちょっと、本の内容にかするかかすらないかの瀬戸際で感想を延べていますので、なんかとりとめのない文になっちゃいましたね(笑)。

すみません。

気になる方はどうぞお読みになってみてください。

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>



2020.07.26 Sun l 最近読んだ本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

今朝早起きをしたら、最近の日課である瞑想を諦め、本を読み終えました。その本は

『音楽の不思議』別宮貞雄著 音楽之友社

いやあ~スゴい読み応えのある本でした

作曲家別宮貞雄さんという方は一体どんな脳みそをお持ちだったのだろうかと思うぐらい、壮大な知識に溢れた片です。

私も細々こうしてblogを毎日書いていますが、この方の文章力に比べたらなんと稚拙な・・・・(笑)。本を出すなんてもし別宮さんに告げたら大笑いされること請け合いです。

そんな別宮さんが、音楽の諸要素について厚さ4㎝にもなろうかという文章量で、とうとうと語っておられます。

あまりの教養の高さと知識の膨大さに、ご本人もご自分でおっしゃっていますが、「理屈っぽい」性分なのかと思いきや、音楽に触れる時の感動を体で感じられている、体内に温かい血の通った温厚な人柄が垣間見れるような気がいたしました。

そんな別宮さん。パリコンセルヴァトアールにてダリウス・ミヨーとメシアンに師事。ミヨーの人柄を表すくだりでは、ニースにて若きピアニストに熱心に教授いただいたルヴィエ先生の面影と重なり、なんだか懐かしくなりました。

この本の書かれたのは昭和46年。もうこの頃から現代音楽・電子音楽等の波が日本にも押し寄せている時代だったようで、これよりも大分後になる今から30年ほど前に私はこれらの存在を知ることになるのでした。

そもそもドビュッシーやラヴェルの音楽に見られる基本3和音以外の複雑な音色。これらの音に聞き慣れぬ音に対してのとまどいと不安を感じました。

そしてその後にディプロマコースで学んだ現代音楽。12音音階や無調音楽の存在に更なる恐怖を感じ、もうこれは私には音楽の才能は全くゼロなんだと、強烈な劣等感に打ちひしがれたものでした。

しかし、別宮さんはある意味、私が当時感じた当惑の心の内をまるで代弁するかのようにこのことについて述べられているのでした。

ベルク、ブーレーズ、ウェーベルン、シェーンベルク、ノーノ、オネゲル、メシアン、シュトックハウゼン。

そしてこの中に入れて良いものかどうかわかりませんがストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ。極めつけにジョン・ケージにまで至る現代音楽の諸氏。

授業では彼らの名前は私の中で、空虚なかつ血液を持たない無感情人間のようなイメージを持っていました。

ジョン・ケージは一番わかりやすいけれど、3分44秒(だっけ?)の音楽は、舞台の上で鍵盤を前にしてピアノの椅子に座り、ピアノを弾かずにその間発せられた音を聴くというものですが、せっかく奏でられる楽器を目のまえにして何も演奏しないなんて、これもまた理解には苦しんだものでした。

結局私は、こうした音楽のすべてを理解出来ないと、いっぱしの音楽家と認められないんだ、との葛藤の中に生きてきたようにも思えます。

さて、この頃は20世紀の『世紀末』で、廃退的な感情がないまぜになった世紀末を生きたがゆえの、生み出されたこれらの作品という風にも言えると思います。

気が付くと今は21世紀。鉄腕アトムがリアルに現れ、未来の憧れだった『テレビ電話』がなんと!100人に対して会話をすることが出来る時代にいつの間にかなっております。

そこで、これらの『現代音楽』はまだ存在しているのでしょうか?

この『現代音楽』を警鐘している作曲家はどなたでしょうか?

この21世紀の現代で、『現代音楽』とはどのような音楽でしょうか?

学生時代に封印して来た感情がまた甦ってしまっています。

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

美食と音楽のサロン2020628

2020.06.15 Mon l 最近読んだ本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

今日は東京は雨。今朝早く起きてベランダに出たら爽やかなそよ風が吹いていました。もう私の大好きな季節がやって来てるんだな、と感じましたが、なんとなく心が晴れません。その理由もよくわからないまま数日を過ごしています。

なおも部屋の整理をしていたら、またもやすんばらしい本が見つかりました。いつも思うんですが、私はどうやら本屋に行くと、発作的に衝動買いをするようです。そしてその多数は買っただけで満足しているようなところがある。いつ買った本かなんて、後になってみると、私は全然覚えていないのです。

さてそのすんばらしい本。

その本のタイトルは

<もしも悩みがなかったら 水野敬也作×鉄拳画>文響社

隠れ鉄拳ファンの私がどこぞで買ったものでしょう。鉄拳の描くストーリーはほんとに泣けます。

「悩みは確かに人を苦しめます。でも悩みは人を苦しめるだけに存在しているのではありません。

身体が傷ついても『痛み』がなければ身体はどんどん悪くなっていくようにーーー

もし自分が望んでない状況になったとしても、『悩み』がなければ、ずっとその場所に留まってしまいます。『悩み』があるからこそ、人はそこから抜け出そうとして努力を始めるのです。

『悩み』はそうやって人を成長させているんです。

心に刺さりました。

私も一歩踏み出せるかな?

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>



2020.05.16 Sat l 最近読んだ本 l コメント (0) トラックバック (0) l top