FC2ブログ
真夜中です。あと2021年まで一時間を切りました。

ステキな一日を過ごせましたか?

また、ステキな一年を過ごせましたか?

コロナ禍でそれどころじゃなかった、という声も聞こえてきそうですね。

しかし、本当の闘いは・・・・

どれだけ外的要素に左右されず、己の心を明朗に保っておくか、ということだと私は思います。

私も振り返れば今年の春から仕事が壊滅的に減りました。

それでも不思議なことに、全然憂えてないのです。

もちろん大変なこととは承知していますし、覚悟もしております。

コロナに負けたくないのです。

コロナに屈服したくないのです。

コロナをギャフンと言わせるためには、私達はいつもニコニコと笑ってやらなければならない、と思うのです。

どうぞ、2021年。

素晴らしい歳をお迎えください。

命があるだけで儲けものですよ。

We wish A HAPPY NEW YEAR

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

スポンサーサイト



2020.12.31 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

私は不名誉?なことに結婚していないのでわからないのですが、最近身近にあった他愛のない出来事。

親しくさせていただいているある既婚の女性が、ご自身の御主人のことを『ウチの旦那が』とおっしゃいます。

主婦でいらっしゃるので御主人についての会話が多く、それはそれで良いのですが、コチラとしては『ウチの旦那』と言われても顔が思い浮かびません。

なんだかのっぺらぼうを想像してしまいます。

そこで、どうしてこんなことを思いついたのかよくわかりませんが、私はこう提案してみました。

「○○さん、御主人のお名前、なんておっしゃるの?これからは御主人様のことをお話する時に、御主人様のお名前を是非使って欲しいな。そうするとなんだかとても親近感が沸くような気がします、私。」

照れ臭がるかな?と一瞬心配しましたが、その女性は素直に受け入れて下さいました。

すると不思議なんです。その御主人のお名前でお話始めた途端、その方のイメージが沸くんです。

私まで嬉しくなりました。

『ウチの旦那』って言ってしまうと、どなたの御主人も『ウチの旦那』になってしまうわけで、みんながみんな同じような顔になってしまうような気がするのです。

お名前って本当に尊いですね。世界にひとつしかない自分の名前。

大切にしたいです。自分の名前もひとさまのお名前も。

そんな風に感じました。

それで

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

2020.12.30 Wed l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

結局バタバタした性格は治りませんでした(笑)。

今日もバタバタしております。

この一年あなたはどんな年でしたか?

結局誰の耳にも『コロナ コロナ』ばかり飛び込んで来て、翻弄された一年と感じている方も多いのではないでしょうか?

しかし人生というのは、今になってすごい腑に落ちるんですけど、どれだけ笑ったか、が勝負なんです。

辛いことがあっても笑う。嬉しいことがあったら当然笑う。

こうして一分一秒大事にして、なにがあっても笑っている。これさえやり続ければ人生はバラ色です。

ワタシは、コロナ禍の中で色々感情も激しく揺れ動きましたが、結果的に法人を立ち上げ、ずっと憧れていたCDもリリースし、多くの方にお買い上げいただき、倫理法人会では2年目の会長職を引き継ぎました。

100日実践の掃除は無事半分を終え、あと半分の月日をなんとか健康で楽しく達成しようと明朗でいます。

歌の生徒には「歌が上手くなりたかったらいつでも笑っていろ(笑)」と私自身笑いながら尻をたたいています。

仕事はほとんどなくなりましたが、今後の仕事を考えるうえで、貴重な時間をいただけました。

国からは補助金や借入金などの救済措置もいただきました。

そうやって考えますと、なんだかずっと笑っていたような一年のようにも思えます。

ピンチはチャンスという言葉があります。

その言葉は正に、今実践すべき時ではないでしょうか?

別にコロナじゃなくったって人間は例外なく常に死と直面しております。

不安を呼びよせず、私たちは今、一体何に恵まれているのかにフォーカスして日々を生きていたい。

そして死ぬ直前まで、笑い続けていたいものです。

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

2020.12.29 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

昨日も少し書いたかと思いますが、毎朝お掃除をして、歌を歌わせていただいております。

リクエストもいただけるようになり、楽しくお答えしておりますが、歌ったことのないJ-POPが多く、秘かに猛練習を重ねております。

これがまた、非常に良いソルフェージュの練習になっております(笑)。

まるで音大生に戻った気分♪

しかし音大生の時と違うのは、メロディーの譜読みに加えて細かいリズム感が必要です。

リズムが細かいので必然的にメロディーも細かくなります。

これをアカペラでどう視聴者にわかっていただくか?

大変だけれどなんだか無性に楽しいです。

知らなかった歌を覚えられるという副産物もついています。

それでは今日も最高の1日をお過ごし下さい。

202012220830551cf.jpg
2020.12.28 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

本日で『歌うお掃除おばさんの100日実践』、半分の50日を達成致しました。やったー

楽しく実践しては来ましたが、細かいところで色々な苦労もありました。改善改良の余地もたくさんありました。例えばインスタの投稿の仕方だったり、掃除と撮影と、ゴミ袋を出しに行くタイミングとか。色々考えることがありました。そしてそれらはまだまだひと段落しておりません。

自分の一日の使い方もこういう風に、それぞれ段取りを決めて行なっていけば、あまり悩まなくなるんじゃないのかな?って思ったりもします。

でもまだまだあれをやろうか、これをやろうか?とぐるぐるぐるぐる踊り踊ってきりきり舞いしているワタシです。

来年に向けて身に着けたいことがいくつかあるのですが、それらはおいそれと身につけられるわけではなさそうで、またそれらにも時間がたくさん必要になってきそうです。

掃除をしていると、そのことだけに自分が向き合え、そのものだけに集中できるので心が悩むことがありません。

しかし、今こうして帰宅すると、あれこれとやらなければならないこと、ほうったらかしにしたままになっていることなどが山積みで、まだまだ整理が出来ない自分がおります。

年末年始は考える時間を増やしてみようか?

またまたまとまりのない文章になってしまった。

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

2020.12.27 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

不思議なもので、コロナ禍で演奏活動が出来ない状況にあるはずですのに、リクエストをいただいております。

そう。駅前掃除で、『ついでに』歌を歌うことになっております。

一昨日、昨日はクリスマスシーズンということで、クリスマスソングとジングルベルを歌いました。

そして今日から撮り残していたリクエストの続きを歌いました。

このリクエストを答える感覚。ワタシにとっては若い頃から好きな感覚だったのです。

とは言えやはり、動画撮影して一発撮りにはいきません。

何度もNGを出します。

今日は尾崎豊の『僕が僕であるために』をアカペラで、5回くらいNGを出して仕上げました。

この動画を撮ってる場所が気温0℃前後の外です。(最近は車の中で撮っていますが、エンジンもかけないし、体感は寒いです。)

その中でNGを出し続けるのはけっこうイタイ(笑)。なのでさっさと撮ってしまうというツッコミのなさなのです。

動画を整理するために撮った動画を確認してみると、ひとりで奮闘し、NGを出したとたん<変顔>をしてしまう自分がなんとも面白い。

そこで、削除するのが妙にもったいなくなり、友人に送ってみました。

すると、ウケると思って送ったのが、反応がいまいちだったのです。

メッセージを数回やり取りしたのち、ワタシは成功画像を送ってみました。

そしたら「泣いて感動した」との返事が電話で来ました。

そこで気づきました。

ファンというものは、NG映像は決して好まないのだな、と。

たまにテレビでもNG映像集なんて特集を組むし、個人的には面白いなあと思って見ることもありましたが、所詮はやはり視聴者は成功画像を望んでいることに気づいたのです。(今更気づいたのかよ~と突っ込まれそう。)

NGを出している時間ってけっこうシンドイ。なぜここまで貴重な時間を使って苦労しなけりゃならないのか?と思ってしまうこともある。

しかし、プロとしてやっている以上は、その本人の苦しみなんか見せる必要はない。苦労して苦労して、やっと出来がった渾身の1映像を見せれば良いんだ。

そう。苦労は見せなくてよい。

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

2020.12.26 Sat l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちはの時間になりました。ステキな一日をお過ごしですか?

夕べは生徒さんとクリスマスイブで食事。今朝は経営者モーニングセミナーで参加者全員にプレゼントを配るサンタになりました。

夜なべして書いたクリスマスカード。皆さんに私の心が届けばいいな。

ホワイトクリスマスの歌詞の中に、クリスマスカードを書くというシーンが出て来ます。

なんだかホワイトクリスマスの歌の中にいるような気持ちで書きました。

とても幸せな気分になりました。

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

2020.12.25 Fri l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

今日はクリスマスイブです。

このblogを愛して下さる皆さまへ。

ステキな最高のクリスマスイブをお過ごし下さい。

メリークリスマス

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。(←これはいつものきめゼリフ(笑)

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

2020.12.24 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

昨日は小金井にて個人レッスンを行ないました。今回から生徒さんがお一人増えました。ベートーヴェンソナタの悲愴第二楽章を弾けるようにするのが夢だ、ということです。とても頑張り屋さんの生徒さんです。

さてさて、ワタシも負けてはいられないと、夜二週間ぶりに新所沢のネイブにジャムセッション修行に行ってまいりました。

ここで得られたステキな仲間たちが、「なんか演奏が変わったね。」「すごくよくなったよ。」

等々、とても持ちあげて下さるものですから、ブタのワタシはすっかりのぼせ上がって気に登りました。

しかし、録音していた自分の演奏を帰りながら車内で視聴してみると・・・・

「げえええ(;´Д`A ```なんと泥臭い

いやいや。自分でわかっているのです。

変わりたいと思い、変わろうとするならば、今までのことをおんなじように繰り返していては変わろう筈がない。

そう。わかっているのです・・・・(泣)。

ワタシ的にはジャムセッションに積極的に参加したことが、自分にとっての最大の違う行動のつもりでおりましたが・・・・。

自己流をいくら人前で披露したところで、根本を変えてゆかねば変わるわけがない。

自分の音を聴いてつくづくそう感じました。

そういう要素がすべてにおいてあります。

仕事・音楽(ピアノ・歌・ジャズ・暗譜等)・家庭・サークル活動・等。

改善するためには時間が必要。自分が変わるまで粘り強く待てるか?そこが問題。

しかし、時間が必要と言ったって、いつまでも変わらずにいたら、人生あっと言う間に終わってしまう。

だから焦る。早く変わらなければ、と。

でも変わるためにはやっぱり時間が必要。

こんなスパイラルに陥っています。

でも、そんな中で最も大切なのは、とにかくブザマでもカッコ悪くても良いから、行動する、ということに尽きると思います。

時間は貴重ですが、その時間はなんのためにあるかっていうと、行動してたくさん失敗するためにあるようにも思えます。

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

2020.12.23 Wed l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

昨日、再開してから4度目の青春歌の広場でした。ご参加者数70名。プラススタッフさんで、80名ということでした。皆様誠にありがとうございました。

さて、タイトルの通り、コロナ禍で再び感染者数が増大していることを踏まえ、我が青春歌の広場も冬眠をさせていただく運びとなりました。

2021年1月から3月まで。先ずは3回分おやすみとさせていただきます。

昨日、ご参加者の方々とお話を交わした時に、

「寂しいわ。私、ここ以外どこも行くところないのに。」

といったご意見をたくさんいただきました。

ですが、我々も流石にコロナには勝てません。

皆様とまた笑顔でお会いするには、冬眠が一番の得策と判断したのです。

昨日のご参加者の皆さんは、とても明るく元気いっぱいのお姿を見せて下さいました。

お声にも張りがあり、素晴らしい笑顔でした。

しばらくお会い出来ないのは寂しいですが、またお会いするために、冬の間はガマンしましょう。

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

202133リサイタルフライヤ

2020.12.22 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top