FC2ブログ
おはようございます。ステキな朝を迎えていますか?

昨日は東大和市民会館ハミングホール(小)にてシャンソン教室《ラヴィアンローズ》が行われました。参加した生徒さんは6名。課題曲はミラボー橋でした。

ミラボー橋は一番だけフランス語で歌ってもらいました。面白いことにフランス語で歌うところになると、声が極度に小さくなるのです。

日本語のところにくると、わりと堂々と歌って下さいます。

なぜこのような現象が起きるのでしょう?

だいたいわかります(笑)。

自信がないんです。恐れるんです。

どうしてわかるの?何故って、ワタシがそうですからね(笑)。

死にゃしないのに、死ぬほど恐れる。誰でもひとつやふたつ、そういうことってあると思います。

私は今、税理士がコワイ

泣きそうなほどコワイ

昨日とうとうメさいそくのールが来ました。

ところでどうして税理士がこわいのか?

ワタシ別に脱税してませんよ(笑)。

でもこわい。。

それは・・・・・・

自分の整理整頓が出来ないことと正に直結してしまうからなのです。

領収書だろうが重要書類だろうが、あっちこっちに散らばって、わけわからなくなってしまうのです。

今、目の前の一番重要課題は、整理整頓なのかもしれません。

それなのに、本に目がいったりピアノに目がいったり、掃除に目がいったり・・・

要するに快楽の方に目がいく自分と毎日格闘しているわけです。

そして、大概快楽に目がいく自分が勝ってしまう。自己の理想像に近づく自分が負けてしまうんです。

話がだいぶそれてしまいましたね。

つまり、大事なことは、恐れてもやらなければならないということです。

鬼は逃げてればいずれどっか行ってしまうってことは、どうやらなさそうです。

一瞬見えなくなっても、ある時また姿を現して、我々を追っかけてくるのです。

・・・・フランス語の話に戻りましょう(笑)。

シャンソンを習いたいと望んだ場合、なにも同時に仏検1級をとらねばならないと思うことはないのです。

兎に角目の前に現れた、ほんの数語のフランス語だけやっつければ良い。

それも、先ずは意味は置いといていいから(←これ、清水流(笑))まず大きな声で読めることに注力する。

そうすると少し自信が出てきます。

それがある程度出来るようになってきたら、こういう意味なんだよ、と意味を伝えます。

フランス語を読むってだけでも、フランス語に縁のなかった人にとっては、死ぬほど勇気の要ることだろうと思います。

でも、そういうチャンスに恵まれた、とも言えるわけなので、転ぶことを恐れないようにしましょう。

転んだって死にゃしない(笑)。困難と出逢っても、ニコニコ笑顔で

「こんにちは~

って笑顔で困難にあいさつ出来るような自分になりたい。

これがさしあたってのワタシの自己の理想像です。

追伸:まずは税理士にニコニコしてあいさつ出来る自分にならなければ

それでは今日も最高の一日をお過ごし下さい。

<お知らせ>

20201221青春歌の広場

スポンサーサイト



2020.11.19 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://maingauche07883.blog.fc2.com/tb.php/1653-cbec5d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)